【SAO Utils】ダウンロードから初期設定まで【導入方法 】

【SAO Utils】ダウンロードから初期設定まで【導入方法 】

前回、SAO Utils でできることを大まかに紹介しました。

今回は実際にSteamで購入してから起動、初期設定までの流れを解説します

Steamで購入

SAO UtilsはSteamで購入することができます

こんな感じで検索するとでてきますね 

あとはカートに入れる→自分用に購入する→好きなお支払方法を選んで購入してください

購入したあと自分のライブラリで見つからないときはフィルターが間違っている場合があります

フィルターをソフトウェアに変えると出てきます

インストールができたら次は起動、初期設定です

起動

では起動してみましょう

起動するとワーーっとでてきてこんな画面になるはずです(プラグインが変更されていると多少変わる)

表示されているものを一つ一つ紹介します

画面の四隅に表示されているのはデータです。それぞれCPU使用率やHDD空き容量などのデータを表示しています。ここに表示させるデータは好きなように変えることができます

これは現在放送予定のアニメ表が日本時間で表示されています。ちなみにアニメ名をクリックするとbilibili動画(日本でいうニコニコ動画)という中国のサイトにとばされます。すべて中国語で日本からの視聴はできません。

左下の黒い丸は各種メニューを表示させます。左上の吹き出しマークはメールボックスで実際にメールアドレスを登録して使用できます。右上のマークは飾りで機能はありませんがアイコンを変えたりできます。

これはSAO Utilsユーザーのコミュニティのようなチャットルームにログインするもので、名前の欄に好きな名前(起動時に毎回変えることができる)をいれてチャットルームに入ることができます。

ですがあまり交流は活発ではないのでつかうことはないと思います。一応日本語用のチャットサーバーもありますがほとんど使われていません。

これでだいたいの説明は終わりました。次は最初にやっておくべき設定の説明にいきます

初期設定

まず、先ほど説明したSAO Utilsのコミュニティは使うことがなく邪魔なので消してしまいましょう

黒い丸(ランチャー)を押すと次のように表示されます

ここから各種メニューにアクセスできるので覚えておきましょう

今回はコミュニティへのログイン表示を消します。SAO Utilsは一つ一つの機能を持った沢山のプラグインが集まって構成されています。なので、ログイン画面のプラグインを無効化することで消すことができます

メニューの一番下、歯車マークからプラグインを選びます。ここでプラグインの有効化、無効化ができます。

ログイン表示は『ウェブウィジェット』という機能なのでそれを無効化します

マイナスボタンを押すことで無効化、再生ボタンを押すと有効化できます。デフォルトではすべて有効化されています。

一般設定のプラグイン管理からも有効化・無効化ができます

必要なものだけ見ていきます。ホットキーを有効にするとデフォルトではAlt+Sでランチャーを起動することができます。マウスジェスチャは反応が非常にシビアなので無効にしていいと思います。自動的に起動を外すとPC起動時に起動しなくなります。

ランチャーモードはデフォルトでは3Dですが2Dにもできます。そうするとランチャーだけではなくウェブページなども2D表示になります。背景の透明度を濃くするとランチャー起動時などに背景が真っ暗になります。

マルチディスプレイの方はビデオアダプタで表示させるディスプレイをえらべます。

ランチャーを起動したりメニューを操作したりするときの効果音を設定できます。デフォルトでいくつか用意されていますがwav形式であればあとから自分のすきな効果音を追加できます。

今回はSAO Utilsの購入から初期設定までを紹介しました。このソフトは自分で追加でいじれる要素が多いので自分好みのUIを作ることができます。まだまだ発展途上のソフトなのでこれからたくさんの機能が追加されて行くと思いますのでぜひ購入されてみてはどうでしょうか。