Javaの開発環境を整える

Javaの開発環境を整える

プログラミングをする際にはその言語に合わせた環境を整えなければいけません。

今回はJavaをつかうための手順をまとめていきます。

必要なもの

Javaに限らずプログラミングをする際に

・エディタ

・コンパイラ

が必要になってきます。エディタはソースコードを記述する時に使います。Windows標準のメモ帳でもエディタとして使えますが、機能が少ないので、ここでは『TeraPad』というフリーエディタソフトを使用します。

コンパイラはソースコードを機械がわかるようにマシン語(バイトコード)に翻訳する時に使います。今回はWindows標準のコマンドプロンプトを使います。

 また、開発に必要な環境をすべてまとめて一つのソフトにしたものを『統合開発環境』といい、VisualCodeやEclipseなどがあります。こちらのセットアップの説明は別記事で行います。

Javaで開発を行うにはJDKのインストールが必要になるのでOracle社のページからダウンロードしてきましょう。

パスを通す

コマンドプロンプトでコンパイル、実行する場合には明示的にJDKの場所を教えてあげる必要があります。このことを『パスを通す』といいます。

1、デスクトップ下の検索バーで『システム』を検索

2、システムの詳細設定をクリックし、システムのプロパティウィンドウを開く

3、詳細設定タブの環境変数をクリック

システム環境変数の中の『Path』もしくは『PATH』をクリックしてアクティブにしてから編集→参照を選び、JDKをインストールしたファイルのbinフォルダまでの経路を選んで決定

コマンドプロンプトを起動して『java -version』と入力して下のように自分がインストールしたjavaのバージョンが出ればパスが通っています。

コンパイラ、実行

これでJava開発の環境は整いました。最初のプログラムを実行してみます。

エディタで以下のソースコードを入力して保存して下さい

ファイル名と一行目のクラス名は同じである必要があるため、 『HelloWorld.java』でファイルを保存してください。

class HelloWorld{
	public static void main(String[] args){
	System.out.println("Hello World");
	}
}

コンパイルするためにコマンドプロンプトを起動し、ソースコードがあるフォルダまで移動します。今回はデスクトップ上にソースコードがあるので、『cd』コマンドを使ってデスクトップまで移動します。

コンパイルには以下のコマンドを使います。

>javac ファイル名.java

なので今回は次のようなコマンドになります

User\デスクトップ>javac HelloWorld.java

何も表示されずにコマンドラインに戻ればコンパイル成功です。コンパイルに成功するとclassファイルが作成され、これを読み込むことでプログラムが実行されます。

実行するには以下のコマンドを使います。

>java ファイル名

コンパイルの時と違って拡張子を入力する必要はありませんが、拡張子を入力しても実行できます。入力した場合はclassファイルが作成されません。

実行に成功すると処理結果が表示されます