Javaって?他の言語との違いは?【Javaについて知る】

Javaって?他の言語との違いは?【Javaについて知る】

Javaでプログラミングをはじめるにあたって、まずJavaではどんなことができるのか、他の言語より何が勝っているのか知っていく必要があります

今回はJavaという言語についてまとめていきたいと思います

Javaとは

JavaはOracle社が提供するオブジェクト指向をもつプログラミング言語で、環境に依存せずにソフトを動かせる、というのが大きな特徴です。

開発にはJDK( Java Development Kit)を使用し、Javaでつくられたソフトを動かすにはJRE(Java Runtime Environment)を使用します。どちらもOracleのページから無料でダウンロードできます。

有名なゲームである『Minecraft』もJavaによってつくられています。

オブジェクト指向

オブジェクト指向とは、簡単に言うと

“簡単にわかりやすく、楽にプログラミングを行う”ための考えかたや、それを実現するための機能のことを言います。

オブジェクト指向はいろいろな説明があるので自分が一番わかりやすい考え方でとらえるといいです。

環境に依存しない

ここでいう環境とはプラットフォームやOSのことです。パソコンでいうとWindows,iOS,Linuxすべてで動かすことができます。

他の多くの言語の場合別の二つの環境で動かしたい場合、環境に合わせて二つ分プログラムを組まなければならないので、これは大きなメリットになります。

また、サーバー側の処理にも使われるので汎用性の高い言語であると言えます。

まとめ

Javaは様々な場面で活躍するマルチな言語であり、環境に依存しない開発ができる。