ゲーム内のデジタルコンテンツが売買できるサイト【RMT.Club】

ゲーム内のデジタルコンテンツが売買できるサイト【RMT.Club】

 最近はゲームというとPS4やDS以外にもPCゲームやスマホゲーム(ソシャゲ)など幅広くあります

そして人気のゲームになるとゲーム内のアイテムがとてもい価値を持ったりします

 今回はゲーム内アイテムのオークションを専門に取り扱う「RMT.Club」というサイトを紹介します

RMTとは

RMTとは、『リアル・マネー・トレード』の略で、ゲーム内のアイテムやデータを実際の通貨(日本なら円)に換える行為のことを言います。

このRMTはゲームによっては規約違反だったりするグレーなものです。

そのためか、メルカリなどのフリマアプリではそういった出品は削除されるようになりました。(つい最近までは普通に取引されていました)

また、ゲーム内アイテムという仮想の商品と実際のお金を取引するため、お金を振り込んだのにアイテムが渡されないというトラブルが多かったというのも削除の要因かもしれません。

RMT.Clubとは?

他のフリマアプリで出品できなくなった分 RMT.Clubには 数多くの出品があります。実際に見てみましょう

こちらがRMT.clubですhttps://rmt.club/

サイトのトップにこれまでの取引実績が大きく載せてあります

下を見ると出品数の多いトップ10のタイトルが表示されています

実際に現在これだけの出品数があります

デジタルコンテンツ取引専門のサイトですので、マイナーなタイトルも多く扱っています



支払い方法

料金の支払いはコンビニ支払い、銀行振り込み、クレジットカード、ポイント払いから選べます。特にコンビニ払いに対応しているため、だれでも購入することができます。

さらに、決済代行サービスという支払い方法があります。

お金のトラブルは?

決済代行サービスでは取引の終了まで運営がサポートしてくれます

RMT.clubでは振り込んだのに商品が受け取れないというトラブルを防ぐため、一時的にお金を運営が預かってくれます。

そして、相手から商品が届いたのを確認すると運営から出品者にお金が振り込まれる仕組みです。取引が不成立の場合は運営からお金が戻ってくるので持ち逃げされる心配はないわけです。

さらに、運営からの一定の基準をクリアした信用できる事業者からの出品、スポンサー出品というものもあり、取引によるトラブルの心配はほとんどないでしょう。

まとめ

・RMT.clubはゲームアイテム専門のフリマアプリで数多くの出品がある

・支払い方法が豊富なため誰でも購入できる

・取引は運営が間に入ってサポートするのでお金を持ち逃げされる心配がない