【レインボーシックスシージ】YEAR3オペレーターの特徴・オススメ

【レインボーシックスシージ】YEAR3オペレーターの特徴・オススメ

今回はYEAR3オペレーター全8人の特徴と個人的オススメ度をまとめていきます。

その他のYEARオペレーターも紹介しています

【レインボーシックスシージ】初期オペレーターの特徴・オススメ

【レインボーシックスシージ】YEAR1オペレーターの特徴・オススメ

【レインボーシックスシージ】YEAR2オペレーターの特徴・オススメ



攻撃系

LION (CBRN対策部隊) オススメ度★★★★☆

アーマー●●〇 スピード●●〇

LION(ライオン)は、モーション感知ドローンを使い、一定時間内に動いた敵の位置を把握できます

ライオンはスキャンすることで、敵との動きにアドバンテージをつけることができます。

いわゆる突構成では、敵が動けない間に一気に目標まで詰めることができるので、とても重要な役割になります。

FINKA  (CBRN対策部隊) オススメ度★★★★☆

アーマー●●〇 スピード●●〇

FINKA(フィンカ)は、味方全体にブーストをかけ、負傷状態の見方を蘇生させるアドレナリンサージを使うことができます

アドレナリンサージ中はHPが20増え、エイム中のブレが軽減されます。これにより敵との撃ち合いを有利にすることができます。

突構成ではブーストをかけた状態でのショットガンが強力で、目標に直接アタックできます。

MAVERICK (GSUTR) オススメ度★★★★★

アーマー●〇〇 スピード●●●

MAVERICK(マーベリック)は補強された壁や落し戸に穴をあけられるブリーチングトーチを使うことができます

補強された壁にダメージを破壊できる数少ないオペレーターです。その中でも破壊の自由度が高く、いろいろな活用法ができます。

トーチで破壊している音はほぼ無音で、気づかれることなく射線を通すことができます。

しゃがみやほふくで通れる穴をあければ無音でポイントに侵入することができます。また、落し戸も一定量バーナーでダメージを入れることで破壊することができます。

NOMAD (GIGR) オススメ度★★★★★

アーマー●●〇 スピード●●〇

NOMAD(ノーマッド)は敵が接近すると作動し、吹き飛ばすことのできるエアジャブランチャーを使うことができます

敵のウラ取り対策や飛び出し対策に有効で、吹き飛ばされた敵は一時的に反撃不可能になるので、一方的に攻撃することができます。

ディフューザー付近に設置したり、もちつきを阻止したり、いろいろな場面で活躍できます。

一つ注意しなくてはならないのが、エアジャブランチャーを構えている間は目立つレーザーが出ているので、敵に位置がわかってしまいます。



防衛系

MAESTRO (G.I.S.) オススメ度★★★★☆

アーマー●●● スピードー●〇〇

MAESTRO(マエストロ)はイーヴィルアイというレーザーを発射できる防弾カメラで、遠隔操作することができます

イーヴィルアイはレーザー発射時以外は銃弾で破壊することはできません。また、ガジェットの防弾カメラと違って近接攻撃で破壊することもできません。

壊されにくいカメラとしてつかったり、敵のガジェット破壊(ドローンやペレット、ヒートチャージなど)にも有効です。

遠隔操作カメラという性質上カメラを操作することが多く、IQに感知されたり、突き上げ・下げの標的になりやすいという点は注意が必要です。

ALIBI ( G.I.S. )  オススメ度★★★★☆

アーマー●〇〇 スピード●●●

ALIBI(アリバイ)は自分と同じ見た目のホログラムデコイを設置し、デコイを攻撃した敵の位置をマークします

アリバイの強さはデコイではなく、撃ち合いの強さです。ショットガンとサブマシンガンが選べますが、このサブマシンガンがとても強いです。

反動が少ないうえにレートも高く、アリバイのスピードとあわせると、とても強力です。

デコイはバリケードの前に設置したりするのもいいですが、遊撃しながらカウンターのチャンスとしてデコイを使用するのも有効です。

CLASH (GSUTR) オススメ度★★★☆☆

アーマー●●● スピード●〇〇

CLASH(クラッシュ)は敵を足止めし、ダメージを与えられるCCEシールドを使うことができます

クラッシュは防衛側で唯一シールドを装備することができるオペレーターです。銃はハンドガンか、サブマシンガンを装備できます。

シールドは正面からの攻撃はすべてカバーすることができます。しかしシールドを殴られると大きなスキができてしまうので一人での戦いには不向きです。

電撃をだして敵を足止め&攻撃できますが、使用するとゲージを消費するので連続で使うと回復するまで使用できなくなります。

盾自体は強力ですが、仲間との連携が取れないと使いにくいオペレーターです。

KAID (GIGR) オススメ度★★★☆☆

KAID(ケイド・カイド)は投げつけて設置できるエレクトロクロウで、範囲内の
壁や落し戸を通電させることができます

バンディットではカバーできない場所を通電させることができます。攻撃サイドのエリアになげても効果は消えません。

バンディットと組み合わせると最大8枚の壁を通電させることができます。

必要とされる場面が限定的なので、アンロックする優先度は低めです。

まとめ

YEAR3のオペレーターは特殊な動きをするオペレーターが多く、性能が一転に特化している印象です。状況に応じて使いこなすことで強さを引き出すことができると思います。

今回の評価は個人的なもの、オススメ度=オペレーターの強さではありません。シージは状況に応じてオペレーターを選ぶことができるので、いろいろなオペレーターを使えるようにしておくと勝利につながっていきます 。その参考にしてみてください。


ユービーアイソフト レインボーシックス シージ デラックスエディション【PS4】